NEWS & TOPICS 詳細<<NEWS&TOPICS一覧

2014年6月27日【貸切バス】運賃・料金の算出方法が変わります

このたび、貸切バスの安全性向上を図る国土交通省の取り組みの一環として、
貸切バスの運賃制度が抜本的に見直されることになりました。
全国の貸切バス運行事業者は、管轄運輸局に対し新しい運賃及び料金の届出を6月末日までに行い、
7月下旬までに新運賃・料金制度に移行することになります
この新しい運賃・料金制度では、貸切バスのご利用時間と走行距離を基に、
各社届出額の範囲(上限額、下限額を設定)内で貸切バス代を算出します。

「貸切バスの新たな運賃・料金制度がスタートしました」(日本バス協会/PDF)
「一般貸切旅客自動車運送事業の新運賃・料金制度について」(国土交通省近畿運輸局/PDF)

弊社におきましては6月27日、近畿運輸局大阪運輸支局へ新運賃・料金の届出を行いました。
弊社では、この新しい制度による運賃及び料金の算出を、本年7月30日運行分から適用させていただきます。

《新しい運賃・料金制度》
1.運賃計算について
時間制運賃(キロ(距離)制運賃合算です。
弊社の車庫を出て、実車運行を行い、車庫に戻るまでの走行時間に
出庫点検、帰庫点検に要する時間(各1時間ずつ、計2時間)を加えたものに、
時間制運賃を乗じて算出します。
ご利用時間が短くても、走行時間は3時間が最低保障となります(出/帰庫点検を加えると計5時間)。
弊社の車庫を出て、運行を行い、車庫に戻るまでの走行距離にキロ制運賃を乗じます。

↓表を交えてご案内しています(PDF)
新しい運賃の算出方法
時間制運賃とキロ制運賃
運賃早見表

 
2.料金の種類について
深夜早朝運行料金
22:00から早朝5:00までにかかる運行(回送、点検含む)については、
時間制運賃および交替運転者配置料金の2割以内の割増を適用
交替運転者配置料金
長距離、長時間、夜間運行など交替運転者を配置する場合は、
交替運転者配置料金(時間制、キロ制の合算)を適用
特殊車両割増料金
サロンカー、リフト付きバスなど特殊な装備を持つ車両は、運賃の5割以内の割増を適用

↓(PDF)によるご案内
料金の種類について

上記運賃(1)に料金(2)を足した額に、消費税相当分を加えた額がお支払いいただく金額となります。

☆お願い☆
お見積もりの際には、運賃、料金の算出のために詳しい内容をお尋ねします。
ご予定がハッキリとしていない場合は、お見積もりできかねる場合があります。
・配車場所、配車予定時刻
・行き先、運行経路(指定がある場合)
・帰着場所、帰着予定時刻
・ご希望車種又は乗車人数 等々・・・

また、当初見積もり時のご予定と実際の運行内容が大幅に異なる場合には、
増額、減額してご請求させていただくことになります。

3.その他必要な料金など・・・
有料道路通行料金、駐車場料金、乗務員宿泊費用、乗務員宿泊の際の食事代(夕・朝)、
飲料や弁当の積込代金などは、実費お客様ご負担となります。
また、バスガイドの乗務を希望される場合も別途料金が発生します。

↓(PDF)によるご案内
運送以外の経費は「実費」となります

届出額の範囲を超える安い又は高い金額で運行した場合は、
バス会社に対し厳しい行政処分がなされることになります。
なにとぞご理解のほどよろしくお願いいたします。