NEWS & TOPICS 詳細<<NEWS&TOPICS一覧

2015年7月1日【路線バス】車内事故防止キャンペーン

公益社団法人日本バス協会、各都道府県バス協会及び加盟各社では、
7月1日から31日までの一ヶ月間を「車内事故防止キャンペーン」実施期間として
バス車内での事故防止について啓発活動を行っております。

乗務員は「ゆとり運転(乗客がご着席後発車するなど)」によって事故防止に努めておりますが、
お客様におかれましても車内事故を防ぐためにお願いがございます。

《路線バス》
・走行中やむを得ず急ブレーキや急ハンドルを使用することがあります。
バス乗車中は、常にお近くの手すり、つり輪、握り棒などにおつかまり下さい。
・目的地に到着の際には、バスが完全に停まりドアが開いてから
降り口にお進み下さい。
※停車のためにブレーキをかけている時が特に危険です。
・2人がけ座席を1人でご利用の際には、相席にご協力をお願いします。
 また、空席がありましたら、短時間のご利用でもどうぞご着席ください。

《貸切バス》
・シートベルトが装備されている座席にご着席の際には、
ご面倒ですがシートベルトをご装着ください。

詳しくは公益社団法人日本バス協会ホームページ