NEWS & TOPICS 詳細<<NEWS&TOPICS一覧

2016年4月6日平成28年春の交通安全運動

平成28年4月6日(水)から4月15日(金)まで
全国一斉に「春の全国交通安全運動」が実施されております。

この交通安全運動を通じて、運動の重点項目や趣旨が広く定着し、
ひとりひとりが交通ルールを守り、正しい交通マナーを習慣付けることで
交通事故防止の徹底を図ることを目的としています。

運動の基本
・子供と高齢者の交通事故防止

運動の重点項目
(全国重点)
・自転車の安全利用の推進
・後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
・飲酒運転の根絶
(大阪重点)
・交差点における交通事故防止

詳しくはコチラをご覧下さい。
大阪府交通対策協議会ホームページ

また、日本バス協会、各都道府県バス協会においても、加盟各バス会社に対し、
適切な運行の確保やシートベルト着用の推進、車両の点検整備の確実な実施など、
安全で安心してご利用いただくための具体的な確認事項が設定されております。

弊社では運輸安全マネジメントに基づき、安全な運行の確保に努めておりますが、
皆様におかれましても、事故防止にご理解、ご協力をお願いいたします。

《路線バス》
・ご高齢の方、おからだの不自由な方、妊婦の方には座席をお譲り下さい。
・走行中、車内の移動はお控え下さい。空席がありましたらお座りください。
 お立ちの方は、にぎり棒、手すり、つり革などにしっかりおつかまり下さい。
・バスの直前直後の横断は車の死角となり大変危険です。
  横断歩道を渡りましょう。

《貸切バス・送迎バス》
・ご着席中は、シートベルトをご着用ください。
 発車前に乗務員が目視確認させていただくこともございます。
・乗り降りの際は、歩行者や自転車など周囲の交通にご注意ください。

《自転車乗用の方へお願いします》
・バスが急ブレーキを使用すると乗客がケガをする恐れがありますので、
 信号無視や無理な飛び出しは絶対になさらぬようお願いします。
・お客様が乗降中のバスの横を通るときは、接触事故が起きないようご配慮ください。