NEWS & TOPICS 詳細<<NEWS&TOPICS一覧

2017年6月15日【舞洲地区】大阪舞洲ゆり園見頃になっています!

いつもご利用下さいましてありがとうございます。

今年で5年目の開園となる「大阪舞洲ゆり園」。
2017年は、初夏らしい爽やかな青空の下開園しました!
7月5日(水)まで毎日開園しています。年々変化のあるゆり園へおでかけください。
※2017年の営業は7月5日をもちまして終了しました。
  ご来場、バスのご利用、誠にありがとうございました。(2017.7.6)


今年は、季節の進みが遅かったせいか、ややゆっくりめの開花となりましたが、
6月15日現在では、見頃になってきております。
早咲きの後は、中咲き、遅咲きと順次品種も入れ替わってまいりますので、
7月初旬の閉園までどうぞ何度でも足をお運び下さい。
初夏らしいスカッとした青空の下でも、梅雨入り後のしっとりした風情も
それぞれにお楽しみいただけます。
特に雨予報の時は混雑せずにゆっくりまわれるのでおすすめです♪
開花状況は公式ツイッターでチェック!

ゆり園の会場では、例年大好評の遊覧ヘリコプターに加え、
ふうわりと風に乗ってゆり園を眼下に眺望する気球も登場!
毎日運行されていますが、海風の影響を受け午前中早い時間の運行が多いようです。
近場で気軽に乗れる機会はそうそうありませんので、
気球が運行していたらラッキー!是非上空からの景色もお楽しみ下さい。
また、特設スペース「太陽の広場」では、『リリーキッズパーク』も開園。
空中に高くジャンプする「スカイトランポリン」(満3歳以上で利用可能!)や
「パドルボート」や「ふわふわ」が設置されていますので
お子様も一緒に愉快な休日をお過ごしいただけます。

ステージイベントとしては、6月17日()までの毎週土曜日に、
1日3回、「いけばなLIVEパフォーマンス」があります。
華道男子グループ「IKENOBOYS」による、ゆり園のゆりを使った華麗ないけばなLIVE。
こちらは雨天決行ですので、土曜日に行かれる方は要チェックです。

その他、園内の最新情報や近隣施設の情報など、
大阪舞洲ゆり園公式ホームページでお確かめのうえ、おでかけください。

さて、ゆり園を散策してからすぐ帰るのはモッタイナイ!
すぐそばの「舞洲陶芸館」では、難波津焼の陶芸体験ができます。
この陶芸館の作品でいただくカフェも併設。歩き疲れたら気軽にお立寄りください。
「コーヒー」ののぼりが目印になっています。バス停のすぐそば。
バス停前の「ホテル・ロッジ舞洲」では、あじさい展を開催。
この日に向けて丹精込めて育てられた色々なあじさいと素敵なお庭が迎えてくれます。
ゆり園の開園にあわせてリニューアルされたレストランでは、ランチバイキングを提供。
レストラン・トラックで軽食も販売されていますので、小腹を満たすのも良いかも。

舞洲のスタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。